注文住宅の工夫こだわり

デザイナーの設計する注文住宅は、洗練されたアイデアの宝庫です。土地を有効に利用した家を建てるのにも最適です。敷地内に自分のオリジナリティあるスペースを設けたい、などの外観についての理想も積極的に提案しましょう。土地の魅力を最大限に活かした住宅をプランしてくれるでしょう。
室内は、広々とした開放的なリビングをメインに・将来を考えて自由に変えられる可変性のある作りにしたい..等の、間取りに関するリクエストや細かな希望も注文住宅では自由に設計できます。

都会的でシックなスタイル、周囲の自然とも調和する北欧スタイル、上質な和風モダンなど、テーマにそった家のプランを作りあげることが可能です。こまでの作品をもとに、洗練されたデザインの中から、自分に合ったスタイルをオーダーしましょう。

施主の予算やコストを考慮しながら、家主の優先順位を第一に進めてもらえるのも、大事な要素のひとつです。デザイン性の高さだけでなく、施行の現場監理を任せるという点でも、注文住宅デザイナーならではの安心感があります。

住む人の目線を大切にして、理想の家をあらゆるキーワードをもとに、フレキシブルな発想で実現できる。デザイナー注文住宅の魅力です。

住宅用ステンドグラス

ステンドグラスとは、小さなガラス片を鉛で繋ぎ合わせ、1枚のステンドパネルに仕上げたものです。昔から教会や洋館などで使用されているので、見た事のある方もいるのではないでしょうか。日光など外からの透過光で見ると、キラキラしてとても綺麗ですよね。

こういったステンドグラスは公共施設や法人施設、商業施設などの大きな枠組みがある場所でのみ使用する事が出来ると思われがちかもしれませんが、それだけではなく、住宅のサッシや室内間の仕切り壁、ドアなど全ての窓ガラスに利用出来るんですよ。住宅空間をより魅力的なものにするために、オーダーメイドで窓のイメージを変えてみてはいかがですか。

gf0310240742w住宅によって窓の大きさや家のコンセプト、イメージは異なります。だからこそ、オーダーメイドを利用するのが得策です。東京都世田谷区にあるマリヨステンドグラスでは、デザインから制作・施工・通販まで全てを総合的に行う専門工房です。昭和55年創業の老舗であり、確かな技術と豊富な経験、センスの良いオリジナルデザインなどで全国各地への施工実績を持っています。

この工房の魅力はガラス、デザイン、技術など全てにこだわっている点です。特に技術に関してこだわりを製作に取り組んでいます。ホビー用のステンドグラスには薄い銅箔のカッパーテープと呼ばれるものが使われています。様々な細工も比較的簡単で手軽に出来るため、教室などでは主流になっていますが、ガラス下面と窓枠の隙間を指すエッジクリアランスが無いため、衝撃に弱く大きなガラスには向きません。

そのため、全ての商品にカッパーテープではなく自社制作の鉛線ケイムを使用しているんです。これはH型の構造となっており、ガラスと鉛線ケイムの間にエッジクリアランスが出来るので衝撃を吸収する事が出来ます。更に隙間にパテを埋めるため、より強度を高める事が出来るのです。強度が高いものであれば、家に取り入れるのも安心ですよね。

マリヨステンドグラスでは通販も行っています。家でもステンドグラスを楽しみたい、という方はホームページでデザイン例などを確認しながらイメージを膨らませてみるのも楽しいかもしれませんね。

屋上緑化と注文住宅

屋上緑化とは、ビルや住宅、マンションなどの建築物の屋上に草木や花などを繁殖させて自然を作りあげた環境のことです。緑化にすることで屋上の温度の上昇を抑えることも出来るという効果があります。

大都市では植物などの緑化をするところが限られていますがビルやマンションの屋上を緑化することが多くなりました。
新築の注文住宅の屋上でも緑化するが出来ます。

屋上を緑化することで土が雨水を吸収してしばらく溜め込んでから下水に流れ込むので、その為夏場などその水分が蒸発したり、草木や花たちの水蒸気を放散させることで断熱効果が出てきます。その為、すだれやゴーヤやへちまなどを使ったグリーンカーテンを一緒に使用したりすると屋上のすぐ下の部屋が涼しくなり、クーラーを使わなくなったりする効果が出てきます。クーラーを使用すると室外機などが熱を放出したりしますのでそれがなくなるということは、省エネにもなります。

屋上緑化することでとても近いところで植物や花があることで癒されたり、まったりすることが出来る憩いの場を作れたり、植物が空気中の有害物質などを吸着させてくれたり、体操など体を動かす場も出来ますから健康的な場所になってきます。屋上を庭として使えるので素敵ですよね!

木造住宅の魅力

Japanese house is often a wooden building

木造住宅の割合は日本の住宅の半分以上を占めています。なぜ災害大国である日本で、地震や火事に弱いといわれている木造住宅が選ばれているのでしょうか?

その理由の1つは建築費用が安いということです。日本で建てられている主な住宅構造には、木造のほかに鉄骨造、鉄筋コンクリート造があります。平均の坪単価で考えると、木造住宅が最も安いです。新築する時、リフォームする時に空間設計や間取り等の自由度が高いのも人気の理由です。そして木造は昔からある住宅構造なので、日本人に馴染みが深く、心を落ち着かせる空間を作りあげることができる点も大きな魅力といえるでしょう。

メリットがある一方、他の構造に比べて耐久性が低い点が懸念されているのも事実です。しかし、木造軸組工法というものがあるので地震や台風等の災害に耐えられる住宅を建てることができます。この木造軸組工法とは、土台や柱、梁等で組み上げて住宅を建てるという工法です。日本で最も多く採用されており、日本の伝統的な工法でもあります。

この木造軸組工法の先駆けとして知られているのが、東日本ハウスというハウスメーカーです。耐震施工にいち早く取り組んだハウスメーカーで、今はその工法をもっと発展させ、木造軸組工法とツーバイフォー工法のメリットを合体させた、「J・エポック工法」等を編み出し、高耐久住宅の建築に注力しています。今、地震がいつどこで起こるかわからない日本では、木造住宅でもこのように耐震性に優れている住宅を建てる必要性があります。

注文住宅業者を比較するサイトにおいても、東日本ハウスは評判も良いハウスメーカーです。耐震性が強いのも長所ですが、下請け業者を利用せずに全て自社で施工を行っている点も高評価を得ています。木造住宅を建てるのであれば、木造軸組工法のように耐震性のある住宅を建てるメーカー、そして高評価を受けているメーカーで建てるのが賢明です。

狭小地に建てる注文住宅

狭小住宅とは、その名前の通り、とても狭い土地に建てられた住宅のことです。一般的には、約15坪以下の土地に建てられる住宅が狭小住宅と呼ばれています。

狭小の土地は、使い勝手が悪いため、同じ地域の土地価格よりも安い料金設定になっていることが多いです。また、狭小の土地の中には、変形している土地も多くあるようです。変形している土地は、さらに使い勝手が悪くなるので、さらに安い料金設定になっているようです。

利便性が良い場所に住宅を建てたいけれど、土地が高いので予算が足りない、と思っている人は、狭小の土地を探してみると良いかもしれません。狭小の土地に住宅を建てるなら、注文住宅で住宅を建てたほうが良いでしょう。最近は、狭小の土地の特性を活かした設計の注文住宅も多くあるようです。

狭小の土地に注文住宅を建てるときのポイントとしては、面積が狭いので、3階建て以上にしたり、地下室を作るなどして延べ床面積を確保する、というとや、狭さを感じることがないように、仕切りなどをガラスなどにして開放感を出す、などが挙げられています。

狭小の土地に上手く注文住宅を建てることができれば、かかる費用を抑えることもできます。狭小の土地の特性を活かした注文住宅を検討してみるのも良いかもしれません。

自然素材を用いた注文住宅

注文住宅を建てるときは、間取りや外装のデザインにこだわってしまいがちですが、最も重要なのは、どのような素材で建てるかです。注文住宅でまず考えておきたいのが、骨組みとなる基本的な建築素材はどのようなものを使用するのか、です。近年では洋風建築が主流となってきていることもあって、鉄骨であったり、木造でも合板をふんだんに使用した建築に頼りがちになっています。

そうした洋風の建築方法に頼った場合、建築素材には大量の化学物質が使用されて、入居後に甚大な健康被害が出ることがあります。合板に使われている合板の木材はもちろんのこと、建具、ドア、壁紙、フローリングといった様々な場所にも合板や接着剤が使われます。近年の住宅は、ただでさえ密閉性が高くなっていますから、ホルムアルデヒド、トルエン、キシレンなどの化学物質が部屋に充満すると、入居後にシックハウス症候群を発症する危険が高まります。これにかかると、仕事はおろか、外出もできないほど健康が悪化してしまうこともありますので、アレルギー体質の方や、小さな子供やお年寄りがいる家庭にとっては、可能な限り自然素材を使用した注文住宅にすると、大きなメリットがあります。

gf1770694408w自然素材を使用した住宅は、気候の変動に合わせて室温や室内の湿気も調整してくれますし、木の香りで人々の心を癒す効果もありますので、大きなメリットがあります。自然素材住宅は昔から根強い人気ですが、候補の一つとして検討している方に行ってみて欲しいところがあります。福岡県の注文住宅会社シンケンスタイルという会社の木へのこだわりが半端ないのです。ここでももちろん木の魅力について語ってくれます。こちらに木の家の相談をしてみれば、木がどうやってできてどういう良さを持って、どうして住宅に適しているのかがすごく分かりやすくて親しみを持てるようになると思います。